ロッテ 福浦 母校・習志野高「美爆音」応援も「期待に応えられず残念」

[ 2018年6月15日 05:51 ]

交流戦   ロッテ1―4DeNA ( 2018年6月14日    ZOZOマリン )

福浦の打席ではひときは大きな音量で応援の演奏をする習志野高校吹奏楽部(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 後輩たちの声援に応えられなかった。「美爆音」で知られるロッテ・福浦の母校・習志野の吹奏楽部約250人が右翼席に参戦した。

 甲子園でも有名な「レッツゴー習志野」などを演奏したが、8試合ぶりの先発だったベテランは、0―0の2回1死二、三塁で空振り三振に倒れるなど2打数無安打。「後輩の素晴らしい応援に凄く力をもらいました。期待に応えられず残念でした」。チームも延長11回の末に敗れ、連勝は3でストップ。借金は再び1となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月15日のニュース