中日の笠原 5回まで無安打!7回2安打無失点の力投も今季初白星はお預け

[ 2018年6月15日 20:54 ]

交流戦   中日―西武 ( 2018年6月15日    メットライフD )

<西・中>1回2死満塁、メヒアを二飛に仕留めグラブを叩いて喜ぶ笠原(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 中日の先発・笠原が7回2安打無失点の力投を見せた。

 立ち上がり制球に苦しみ、3四球で2死満塁としたが、メヒアを二飛に打ち取り、波に乗った。2回以降は直球を軸にチェンジアップ、スライダーを織り交ぜ強打を誇る西武打線を翻弄。6、7回に先頭打者に安打を浴びたが、後続をきっちり打ち取り「今日は腕が振れたのでストレートが走っていたし、そのおかげで緩急が使えたので良かったと思います。初回はどうなるかと思ったけど、修正できて良かったです」とうなずいた。

 味方が菊池から2点を奪い、勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。

 ところが2―0の8回に救援陣がつかまり、今季初白星はまたもお預けとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月15日のニュース