球宴ファン投票の第14回中間発表 セ・外野手部門で中日のアルモンテが4位浮上

[ 2018年6月15日 15:20 ]

中日・アルモンテ
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)は15日、「マイナビオールスターゲーム2018」のファン投票の第14回中間発表を行った。

 セ・リーグ投手部門・先発は中日・松坂大輔投手(37)が27万4036票でトップを独走中。18万1334票で2位につける菅野智之投手(28)に今回の中間発表がスタートして以来、最大となる約9万3千票の大差をつけている。

 パ・リーグ投手部門・先発は西武・菊池雄星投手(26)が12万9395票で1位をキープしている。2位はソフトバンクの千賀滉大投手(25)で11万1700票。

 またセ・外野手部門では中日のZ・アルモンテ外野手(29)が初めて4位に浮上した。ファン投票上位の常連である阪神・糸井嘉男外野手(36)が5位に後退した。

 12球団得票数トップはソフトバンク・柳田悠岐外野手(29)の45万582票となっている。

 ファン投票は17日で締め切られる。結果発表は25日。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月15日のニュース