大リーグ 今季の観客動員数は昨年に比べて低下 原因は悪天候だけか

[ 2018年6月15日 14:57 ]

スタンドで傘をさすファン (AP)
Photo By AP

 米国のNBCスポーツ(電子版)は14日、今季の大リーグ観客動員数が昨年に比べて7%低下していると伝えた。

 観客動員数の低下は、開幕から続いた悪天候の影響も考えられるが、大リーグ機構のロブ・マンフレッド・コミッショナーはその他にもファンの足を遠ざける問題があるのではないかと危惧しているそうだ。

 よりスピーディーな試合をと大リーグでは昨季より申告すれば4球を投げることなく四球とすることができる「申告敬遠」を導入。今季からは投手交代を伴わない場面で、捕手や野手を含め、首脳陣らがマウンドへ行ける回数も制限されるルールが加わった。

 よりファンの関心を引き寄せるため、マンフレッド・コミッショナーは新たなテコ入れ策を思案しているかもしれない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月15日のニュース