大谷、8番・DHで先発出場 快音響くか

[ 2018年4月13日 08:26 ]

ア・リーグ   エンゼルス―ロイヤルズ ( 2018年4月12日    カンザスシティー )

ロイヤルズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平(23)が12日(日本時間13日)、敵地カンザスシティーで行われたロイヤルズ戦に「8番・DH」で先発出場。2試合連続のスタメン出場となった。

 大谷は今季ここまで打者としてスタメン出場した5試合すべてで安打を放っている。代打出場だった10日(同11日)のレンジャーズ戦で連続試合安打は止まったが、11日(同12日)の同カードでは2回2死一、二塁からメジャー通算51勝左腕マット・ムーア投手(28)の146キロ内角直球を先制の左前適時打。左腕からのメジャー初安打で、これが決勝点となった。大谷のV打で、チームは4連勝で10勝到達リーグ一番乗り、単独首位に浮上している。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月13日のニュース