PR:

大谷“初物づくし”三塁打&敬遠 5連勝「チームの雰囲気で打たせてもらっている」

ア・リーグ   エンゼルス7―1ロイヤルズ ( 2018年4月12日    カンザスシティー )

7回2死満塁、走者一掃の右中間三塁打を放ったエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平(23)が12日(日本時間13日)、敵地カンザスシティーで行われたロイヤルズ戦に「8番・DH」で先発出場。2試合連続のスタメン出場で4打数1安打3打点だった。チームは7―1で勝利し、5連勝とした。

 今季これまで打者としてスタメン出場した5試合は全て2打席目までに安打を放っていたが、この日は7回2死満塁からの第4打席で右中間を破る走者一掃の三塁適時打。また、第3打席では申告敬遠で、三塁打、敬遠ともに大谷にとってはメジャー初のプレーだった。

 大谷は7回の3点適時三塁打について「難しいコースだったが、いいところに飛んでくれた」と満足げ。さらに「まずまずの内容。凡退した打席も次につながればいい」とこの日の打席を振り返った。チームは5連勝でア・リーグ西地区首位と好調。「チームの雰囲気で打たせてもらっているのかな。みんな調子がいい。しっかりつなぎたい。下位打線の役割を果たしたい」と話した。

 大谷は2回2死からの第1打席は見逃し三振。メジャー通算92勝右腕イアン・ケネディ投手(33)と対戦し、1ボール2ストライクからの4球目、外角低めの際どい球をストライクと判定され、悔しそうな表情を見せた。

 4回2死一塁の第2打席では3ボール2ストライクのフルカウントから7球目の内角球を叩き、左飛に倒れた。

 6回2死二塁からの第3打席は敬遠だった。大谷は打席に向かいかけたが、ロイヤルズは申告敬遠を選択。そのまま一塁へ向かった。メジャー初の敬遠となった。

 7回2死満塁で迎えた第4打席では右中間を破る適時三塁打を放った。三塁打もメジャー移籍後初。初球を空振り、2球目ボール、3球目も空振りで追い込まれたが、最後は右腕ブランドン・マウアー(27)の156キロの速球を弾き返した。

 9回1死一塁からの第5打席は、1ボール2ストライクから三ゴロに打ち取られた。

 エンゼルスは初回に初回に1点を先制。7回には大谷の3点適時三塁打などで5点を追加し7―1で勝利。5連勝で単独首位をキープした。

[ 2018年4月13日 12:12 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:05月26日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム