PR:

ヤクルト、3連敗でストップ 完封目前で同点2ラン被弾も延長戦制す

セ・リーグ   ヤクルト3―2阪神 ( 2018年4月13日    甲子園 )

<神・ヤ>延長10回、雄平は左前に勝ち越しの適時打を放つ(投手・ドリス)
Photo By スポニチ

 ヤクルトが終盤にもつれた試合に3―2で競り勝ち、連敗を3で止めた。

 ヤクルトは先発のブキャナンが8回まで3安打無失点と好投。完封目前の9回、福留に同点2ランを浴びて降板し、試合は延長戦にもつれこんだ。

 だが、2―2で迎えた延長10回、この回から登板した阪神4番手のドリスから先頭の山田哲が左翼線二塁打で出塁。犠打で1死三塁としてから雄平の左前打で勝ち越し、その裏を3番手・石山が無失点で切り抜けた。

 阪神は今季3度目の登板となった藤浪が今季最長の7回を投げ6安打1失点と好投。2点を追う9回には福留の日米通算300号のメモリアルアーチとなる起死回生の2ランで追いついたが、今季ここまで無失点だったドリスが力尽きた。

[ 2018年4月13日 21:13 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月18日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム