楽天本拠地に「ロンドンバス」登場 オコエ2階席は「開放感MAX」

[ 2018年4月13日 16:39 ]

<楽・西>ロンドンバスの2階席からスタジアムを背にポーズを決めるハーマン(左)とオコエ
Photo By スポニチ

 楽天の本拠地・楽天生命パークに「ロンドンバス」が登場し、お披露目された。実際に英国ロンドン市内を走っていたものを“輸入”。高さ3・8メートル、長さ12メートルの2階建てバスで、1階は33席、2階はオープンエアーで59席が設けられている。

 試合前に試乗したオコエは「(2階席は)開放感MAXですね」と運転席でハンドルを握るなどノリノリ。、ハーマンは「ビートルズみたいな雰囲気だった」と笑顔だった。

 用途については飲食スペースにするなど、今後、検討していく方針で、立花陽三球団社長は「車検が通れば、球場と仙台駅の間を走らせてもいい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月13日のニュース