ヤ軍とレ軍が大乱闘 危険併殺崩し&報復死球で4人退場

[ 2018年4月13日 05:30 ]

ア・リーグ   ヤンキース10―7レッドソックス ( 2018年4月11日    ボストン )

ヤンキース―レッドソックス戦で起こった乱闘(AP)
Photo By AP

 ライバル関係が再燃し、試合も大荒れとなった。3回無死一、二塁で三ゴロに対し、ヤンキースの一塁走者オースティンが二塁へ併殺崩しとみられるスライディング。一度は両軍がにらみ合った。

 その後7回1死でオースティンの背中への死球が報復と取られ大乱闘に。オースティンと救援投手カンリー、フィル・ネビン三塁コーチ、ぶつけたレ軍ケリーの計4人が退場処分を受けた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月13日のニュース