阪神・福留、日米通算300号メモリアル弾は劇的同点2ラン 試合は延長戦へ

[ 2018年4月13日 20:59 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2018年4月13日    甲子園 )

<神・ヤ>9回、同点2ランで日米通算300号を達成した福留(右)はロサリオとハイタッチをかわす
Photo By スポニチ

 阪神の福留孝介外野手(40)が13日、ヤクルト1回戦(甲子園)で日米通算300号となるメモリアルアーチを放った。

 0―2で迎えた9回、無死一塁で打席に入り、8回まで3安打無得点に抑えられていたヤクルト先発のブキャナンが投じたカウント2ボール2ストライクから真ん中に入ってきた5球目の直球を右翼スタンドへ。完封ペースだったブキャナンをマウンドから引きずり下ろす起死回生の同点2ランで、試合は延長戦へ突入した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月13日のニュース