西武 逆転で10勝一番乗り!菊池は11年以来の開幕3連勝

[ 2018年4月13日 21:29 ]

パ・リーグ   西武7-5楽天 ( 2018年4月13日    楽天生命パーク )

先発した菊池雄星
Photo By スポニチ

 西武は2回に楽天の先発則本から一気に5得点。逆転勝ちで連勝。先発の菊池は、6回を99球投げて7安打5失点で2011年以来の開幕3連勝を決め、チームの連勝と12球団10勝一番乗りに貢献した。

 初回、菊池は無死二塁から渡辺直に二塁適打で楽天に先制を許す。その直後、ペゲーロに2ラン3号を浴び、初回で3点を失った。

 しかし2回、先頭打者の山川が4号ソロで1点を返す。その後、一死二、三塁から炭谷が二塁適打で同点に追いつく。打線は止まらず、源田の二塁適打で2点を追加し、逆転した。3回には則本の暴投で加点。9回に、森の左適打でさらに加点。

 楽天は、6回に今江の右適打で2点を反撃ものの及ばず。先発の則本は、6回108球を投げて、6安打6失点で今季初黒星となった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月13日のニュース