斎藤佑に「おまえが頑張れ」 早実和泉監督がハッパ…清宮と共闘へ

[ 2017年10月28日 07:10 ]

ブルペンで投げ込む斎藤
Photo By スポニチ

 日本ハムからドラフト1位で指名された清宮にとって、早実の先輩にあたる斎藤は「凄くうれしい。高校野球でNo・1と言われる打者だと思うので同じチームに来るのは心強い」と注目される後輩の入団を心待ちにした。

 前日のドラフト後、清宮は斎藤や早実出身の荒木大輔2軍監督の存在について「早稲田の血はいわずとも伝わるところはある。頼るところは頼りたい」と言及。呼応するように斎藤も「僕が投げて(清宮が)後ろで守って打ってくれたら心強い。一緒に盛り上げたい」と共闘を誓った。

 一方で前夜、早実・和泉実監督から電話で「おまえが頑張れ」とハッパをかけられたことも告白。千葉・鎌ケ谷で約40球のブルペン投球を行った右腕は「お手本にならないといけない。一人の選手としてやらなくちゃ」と覚悟を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月28日のニュース