ソフトバンク初回に先制!1番・柳田が“着火” デスパ適時二塁打

[ 2017年10月28日 19:02 ]

SMBC日本シリーズ第1戦   ソフトバンク―DeNA ( 2017年10月28日    ヤフオクD )

<ソ・D>1回1死二塁、先制の左適時二塁打を放つデスパイネ
Photo By スポニチ

 SMBC日本シリーズ第1戦は28日、ヤフオクドームで行われ、ソフトバンクが初回に1点を先制した。

 22日のCSファイナル第5戦と同じく1番で起用された柳田が、詰まりながらも中前にチーム初安打を放って出塁。今宮が犠打を決めて1死二塁とすると、デスパイネが左翼へ適時二塁打を放った。

 2年ぶりの日本一を狙うソフトバンク。DeNA井納から打者3人で幸先よく先制に成功した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月28日のニュース