ソフト、打者一巡猛攻で一挙7点!10得点でDeNA突き放す

[ 2017年10月28日 20:48 ]

SMBC日本シリーズ第1戦   ソフトバンク―DeNA ( 2017年10月28日    ヤフオクD )

5回2死一、二塁、今宮は中越え2点適時三塁打を放つ
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが5回に打者一巡の猛攻。この回だけで7点を追加し、10―1とDeNAを一気に突き放した。

 DeNAに1点を返され、3―1で迎えた5回裏。先頭の今宮が四球で出塁すると、盗塁と捕手・嶺井の悪送球で無死三塁に。ここでデスパイネがDeNA先発・井納のフォークを中前へ弾き返して追加点を挙げた。

 そこから1死満塁と好機を広げ、井納をKO。さらに代打・川島、ラストバッターの甲斐が2番手の田中健から押し出し四球を選んで6―1とリードを広げた。

 ソフトバンク打線の勢いは止まらず、1番・柳田も右前に2点適時打。さらに、この回2度目の打席となった今宮が中堅フェンス直撃の2点適時三塁打を放ち、10―1と大量リードを奪った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月28日のニュース