工藤監督、日本シリーズも先手必勝「先制点取って守り抜く」

[ 2017年10月28日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ第1戦 ソフトバンク―DeNA ( 2017年10月28日    ヤフオクドーム )

握手を交わすラミレス監督(左)と工藤監督
Photo By スポニチ

 公式練習前にソフトバンク工藤監督が円陣で訓示した。「笑っても泣いても、あと7試合。必ず日本一を獲れるよう、ビールかけができるよう頑張ろう」。2年ぶりの日本一へ決意を新たにした。

 歴代5位の94勝を積み上げたレギュラーシーズン同様に「先制点を取って、そのリードを守り抜いて勝つ」と先手必勝の構えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月28日のニュース