ソフト柳田、大勝呼ぶ先頭安打 お立ち台で笑顔「噛みしめました」

[ 2017年10月28日 22:45 ]

SMBC日本シリーズ第1戦   ソフトバンク10ー1DeNA ( 2017年10月28日    ヤフオクD )

初回無死、中前打を放った柳田
Photo By スポニチ

 「1番・中堅」で先発出場したソフトバンク・柳田が、初回の第1打席でいきなりの中前打。1死二塁からデスパイネの中前打で生還し、チームに勢いをもたらした。

 お立ち台でアナウンサーから「楽しめましたか?」と聞かれ、「噛みしめました」と答えてニヤリ。チームを勢いづかせた初回の安打については「塁上にいたので雰囲気は分からなかった」とおどけた。

 初回の安打に続き、5回にも右前に2点適時打。「当たりはあまり良くなかったが、これで日本シリーズは乗っていけると思う」と手応えを語った。

 シーズン終盤に右脇腹痛で離脱しクライマックスシリーズ(CS)出場が危ぶまれたが、22日の第5戦で“電撃復帰”。「この場に立てていることがうれしい」と喜びもひとしおの様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月28日のニュース