今宮 猛攻呼び「いい仕事をした」打者一巡後にはタイムリー三塁打

[ 2017年10月28日 22:55 ]

SMBC日本シリーズ第1戦   ソフトバンク10ー1DeNA ( 2017年10月28日    ヤフオクD )

<ソ・D>5回2死一、二塁 今宮は適時三塁打を放つ
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが5回に一挙7点を奪う猛攻を見せた。その主役は今宮で、まずは先頭で四球を選んで二盗を決め、捕手の悪送球を誘って三塁へ。デスパイネの中前打でホームを踏み「(盗塁は)けん制される雰囲気がなかった。点を取られた後にいい仕事をしたなと思う」と話した。

 打者一巡して迎えた2死一、二塁では、低めのカーブをすくい上げ、中越えの2点三塁打。「しっかり自分の打撃を心掛け、うまく遅い球を我慢して打てた」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月28日のニュース