中日・ジョーダン 自己ワースト5回11安打10失点KO

[ 2017年5月25日 20:32 ]

セ・リーグ   中日―DeNA ( 2017年5月25日    横浜 )

<D・中>中日先発・ジョーダン
Photo By スポニチ

 中日の先発・ジョーダンが来日2年目で自己ワーストとなる5回11安打10失点で降板。

 初回1死二塁からロペスの適時二塁打で先制されると、2―1の3回には宮崎、嶺井、田中浩に三者連続タイムリーを浴び5失点。亀沢、ビシエドの本塁打などで5―6の1点差に詰め寄った直後の5回にも5安打を集中され4点を失った。

 この日はボールがバラつき、高めに浮いたところをDeNA打線にことごとく痛打され「今日はボールが高かった…」とがっくり。

 今季3勝負けなしとチームトップの勝ち星を挙げている左腕のまさかの大量失点に中日ベンチも静まりかえった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月25日のニュース