マー 汚名返上へ28球 投手コーチ「次回登板が分岐点になれば」

[ 2017年5月25日 05:30 ]

遠くから見守る報道陣に笑顔で“ピース・サイン”の田中(右)
Photo By スポニチ

 ヤンキース・田中は25日(日本時間26日午前2時5分開始予定)のロイヤルズ戦に備え、本拠地でブルペン入り。全28球中スプリットを9球と、変化球では最も多く投げた。

 計14失点した最近2試合はいずれも速球系とスプリットが安定せず。ラリー・ロスチャイルド投手コーチは「直球の腕を振る速さが戻ればスプリットも良くなる。次回登板が分岐点になれば」と話した。(ニューヨーク・大林 幹雄)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月25日のニュース