上原は2/3回を無失点 中5日に「ちょっと空き過ぎ」

[ 2017年5月25日 13:25 ]

ナ・リーグ   カブス5―4ジャイアンツ ( 2017年5月24日    シカゴ )

ジャイアンツ戦の8回に登板し、2/3回を1安打無失点だったカブス・上原
Photo By ゲッティ=共同

 カブスの上原は24日(日本時間25日)、ジャイアンツ戦で4―2の8回に2番手で登板し、2/3回を1安打無失点、1四球だった。防御率は3・31。勝敗などは付かず、チームは5―4で勝った。

 移籍後初セーブを挙げた18日のレッズ戦以来の登板となった上原は、2点リードの8回にマウンドへ。先頭の代打モースに右前打を打たれると、2死とした後に3番ベルトに四球を与えて一、二塁とした場面で降板した。3番手エドワーズは4番ポージーを歩かせて2死満塁としたが、続くクロフォードを投ゴロに仕留めて無失点で切り抜けた。

 ▼上原の話(四球は)いいところに行ったと思ったけど、審判がボールと言えばボール。(中5日は)ちょっと空き過ぎだった。何か対策を考えないといけない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月25日のニュース