清宮獲得なら…広島 三塁コンバートも 松田オーナーが言及

[ 2017年5月25日 05:30 ]

早実の清宮
Photo By スポニチ

 広島は24日、広島市内の球団事務所で今年2度目のスカウト会議を行い、2時間にわたった会議では指名候補167人のうち、上位候補約15人の映像をチェックした。

 その中に早実・清宮幸太郎内野手(3年)もおり、松田元(はじめ)オーナーは「打撃は凄い。ローボールヒッターだと思っていたけど、最近は高めも打てるようになった。三塁手もあり得るという話を(スカウトと)した」と三塁手としての可能性に言及した。

 清宮は過去に早実の練習などで三塁に入ったことはあったが、公式戦を含めた対外試合では一塁と中堅の経験しかない。毎年のドラフトや育成でも独自路線を貫く広島ならではの発想で、苑田聡彦スカウト統括部長も「清宮は肘の柔らかさがある。三塁くらいできるんじゃないかなと思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月25日のニュース