6試合連続2桁奪三振!則本 自身の偉業より「チームの勝利が一番うれしい」

[ 2017年5月25日 21:27 ]

パ・リーグ   楽天4―1オリックス ( 2017年5月25日    ほっと神戸 )

<オ・楽>6試合連続2ケタ奪三振で6勝目を挙げ手で「10」ポーズの則本
Photo By スポニチ

 楽天・則本が25日のオリックス戦で先発し8回1失点の好投で6勝目。10個の三振を奪い1991年に近鉄時代の野茂英雄が達成して以来のプロ野球タイ記録の偉業を成し遂げた。

 記録がかかる登板だったが「記録もありましたけど、まずはチームが勝てるようにと思って」と投球に集中。自身プロ入り初の2桁奪三振を記録した縁起のいいほっともっとフィールド神戸で躍動した。

 初回に先制を許すも「点を取られたあと、粘り強く投げられた」の言葉通りに2回以降は完璧な投球で追加点を許さなかった。

 中盤に打線が逆転に成功。「心強い野手陣なので」と投手陣の気持ちを代弁した。球数が110を越えた8回に3者連続三振を奪っての偉業達成に「監督、コーチに我慢して投げさせてもらった」と感謝。計126球の熱投に汗をぬぐった。

 記録達成に笑顔の則本だったが、インタビューの最後には「記録よりチームの勝利が一番うれしい」と開幕から首位をひた走るチームのエースの自覚をにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月25日のニュース