ロッテ今季最多5発&12点で快勝!千隼 連敗4で止め2勝目

[ 2017年5月25日 21:29 ]

パ・リーグ   ロッテ12-7ソフトバンク ( 2017年5月25日    ヤフオクD )

<ソ・ロ>5回1死一塁、通算250号を放った井口を出迎える伊東監督
Photo By スポニチ

 ロッテが今季最多の5本塁打で今季最多の12点を挙げ、ソフトバンクに快勝。連敗を2で止めた。

 初回に3点を先制されたものの、2回の表に鈴木の6号、ダフィーの5号本塁打で2点を返し、4回には1死満塁で田村がセンターへ逆転のタイムリー。さらに1死一、二塁で大嶺翔が左翼へ2号3ランを放ちこの回5点。5回には井口が通算250号となる今季1号2ランを左翼へ放った。さらに6回には1死一、三塁で角中の一ゴロ間に1点。7回にも1死一塁でダフィーが6号2ラン。9安打で12点を積み上げた。

 先発の佐々木は6回を投げ6安打3失点で2勝目。自身の連敗も4で止めた。

 ソフトバンクは初回に川崎の右前打を足場に築いた1死三塁で柳田の中前タイムリーで先制。さらに内川の10号2ランで2点を加えた。3―12で迎えた7回には無死一、二塁で鶴岡のタイムリーと犠飛で2点、8回にもデスパイネの12号ソロで1点を返すなど、ロッテを上回る11安打を放ったが失点が多すぎた。先発の中田は4回を投げ6安打7失点で4敗目(4勝)。ソフトバンクは今季ワーストの失点で、連勝も2で止まった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月25日のニュース