西武、鮮やか逆転で4連勝!秋山が起死回生3ラン 浅村V打

[ 2017年5月25日 21:10 ]

パ・リーグ   西武8―5日本ハム ( 2017年5月25日    大宮公園 )

6回1死二、三塁、右越えに同点3ランを放つ秋山
Photo By スポニチ

 西武は3点ビハインドで迎えた6回、1番・秋山が起死回生の同点3ラン。浅村の決勝適時二塁打で勝ち越し、鮮やかな逆転勝利で連勝を4に伸ばした。

 先発・十亀が5点を失い敗色濃厚だった西武。しかし、6回に日本ハム2番手・谷元から連続四球と犠打で1死二、三塁の好機を作ると、秋山が右翼席へ同点3ラン。頼れるリードオフマンの一発で試合を振り出しに戻した。

 勢いに乗った西武は、続く源田が遊撃・石井一の失策で出塁。谷元のボークで二進すると、浅村が左中間へ適時二塁打を放って一気に逆転に成功した。

 日本ハムは今季初登板の先発・中村が5回2失点と好投し、勝利投手の権利を持ったまま降板。しかし2番手の谷元が6回に4点を失い、まさかの逆転負けを喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月25日のニュース