鳥谷「鼻骨骨折」と診断も試合出場へ 黒いフェースガード付け練習参加

[ 2017年5月25日 16:38 ]

試合前、フェイスガードを着けノックを受ける鳥谷
Photo By スポニチ

 24日の巨人戦(甲子園)で顔面付近に死球を受けた阪神の鳥谷敬内野手(35)が、尼崎市内の病院で「鼻骨骨折」と診断されたと球団が発表した。だがこの日、室内練習場での試合前練習に、黒いフェースガードを付けて登場。約30分遅れで参加参加すると、ノックやフリー打撃をこなした。

 ゲームにも出場する模様で、歴代2位の1794まで伸びていた連続試合出場が途切れることはなさそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月25日のニュース