楽天 打線はまった13点 助っ人トリオが出塁し5、6番還した

[ 2017年4月2日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天13―4オリックス ( 2017年4月1日    京セラドーム )

<オ・楽>2回二死二塁、島内の左前適時打で二塁走者・今江が生還する
Photo By スポニチ

 楽天打線は14安打13得点と爆発。5―2の7回には銀次が1死満塁から中前2点適時打で勝負を決めた。「あそこで併殺だったら、試合も分からなかった。流れを持ってこられた」と振り返った。

 2番・ペゲーロから外国人を並べる打順。助っ人トリオが計4安打3四球で出塁し、5番・銀次、6番・今江が還す得点パターンが見事にはまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月2日のニュース