東京Dでの巨人戦は相性最悪…中日・田島 3戦連続サヨナラ被弾

[ 2017年4月2日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―4巨人 ( 2017年4月1日    東京ドーム )

<巨・中>9回2死一、二塁、逆転サヨナラ3ランを阿部(左)に打たれベンチに引き揚げる田島
Photo By スポニチ

 中日は抑えの田島が阿部に逆転3ランを浴びサヨナラ負けで2連敗となった。

 3球目のスプリットを左翼席に運ばれ「もっと低くいかないといけなかった。自分の狙っている所より高くなってしまった」と肩を落とした。田島は昨季から東京ドームの巨人戦登板で3試合続けてサヨナラ本塁打で、チームは東京ドーム6連敗。森監督は田島の今後の抑え起用について「それは分からない」と言葉を濁した。

 ▼中日・バルデス(3回に来日2本目となる右越えソロ。シーズンのチーム1号を投手が記録したのは08年川上憲伸以来)狙っていたわけではないが(打ったスライダーが)頭にあった。投球も調子が良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月2日のニュース