大谷、3戦連続マルチで打率・667も…ハム開幕カード負け越し

[ 2017年4月2日 17:09 ]

パ・リーグ   日本ハム3―6西武 ( 2017年4月2日    札幌D )

<日・西>4回1死、大谷は左越えソロを放つ
Photo By スポニチ

 日本ハムは新外国人の先発エスコバーが守備のミスも絡んで5回途中5失点(自責点3)と結果を残せず、開幕カードは1勝2敗と負け越しスタート。それでも3試合連続で「3番・DH」で先発した大谷は今季1号を放つなど4打数3安打1打点、打率・667と好調が続いている。

 大谷は初回こそ中飛に倒れたが、1点を追う4回1死では西武先発・ウルフのカーブを捉え、左翼スタンド最前列に飛び込む同点ソロ本塁打。6回は先頭で右二塁打を放って近藤の適時二塁打を演出すると、8回には1死から内野安打で、3試合連続のマルチ安打をマークした。

 試合は1―1の5回、西武が浅村、メヒアの適時打に相手失策も絡んで4点を奪い勝ち越しに成功。ウルフは6回7安打3失点で、途中加入した昨季から5連勝とした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月2日のニュース