マニー「コウチ、サイコウ」デビュー戦で日本初安打

[ 2017年4月2日 05:55 ]

四国アイランドリーグplus   高知3―2ソフトバンク ( 2017年4月1日    高知市営 )

<高知・ソフトバンク>3回、左前打を放ったラミレス(中央)は代走を求めるジェスチャーで笑いを誘う
Photo By スポニチ

 四国アイランドリーグplus・高知に入団したメジャー通算555本塁打のマニー・ラミレス外野手(44=登録名・マニー)が1日、デビュー戦で日本初安打を放った。開幕戦となったソフトバンクとの定期交流戦に「1番・DH」で出場。3回の第2打席で、変化球にうまく合わせて三遊間を破った。

 「ほぼ4年間プレーしていなかったが、ボールはよく見えた。体も思った以上に動いていたので、自分としては良くできたと思う」

 試合前の選手紹介では客席に軽くお辞儀して「コウチ、サイコウ」と日本語で爆笑を誘った。1、3打席目は空振り三振。第4打席は四球で代走を送られたが、初打席の三振では捕手がボールをこぼすのを見て、一塁まで全力疾走。観衆から拍手も起こった。

 「日本でプレーすることは夢の一つだった。この状況を楽しんで精いっぱいプレーしたい」と充実した表情だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月2日のニュース