ソフトB 上林 2年ぶりの今季1号弾

[ 2017年4月2日 15:35 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―ロッテ ( 2017年4月2日    ヤフオクD )

 大器の誉れ高いソフトバンクの4年目・上林が、ロッテ戦(ヤフオクドーム)で今季1号アーチを放った。

 1点を追う7回1死で、唐川の112キロのカーブをフルスイング。打球は右翼スタンド中段まで届く同点ソロとなった。仙台育英から13年ドラフト4位で入団した21歳。DeNAとのオープン戦でも横浜スタジアム右翼最上段にある「鳩サブレ」の看板を直撃する特大弾を放つなど、その飛距離は折り紙付きだ。1軍での本塁打は15年以来2年ぶりとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月2日のニュース