糸井 阪神1号!開幕3戦目「真芯でしっかりとらえられた」

[ 2017年4月2日 14:39 ]

<広・神>3回、糸井は阪神移籍第1号となる右中間ソロホームランを放つ
Photo By スポニチ

 フリーエージェント(FA)移籍でオリックスから阪神に新加入した糸井嘉男外野手(35)が、2日の広島戦(マツダ)で虎1号を放った。

 2点を追う3回の第2打席。2死無走者の場面で、九里の初球ツーシームを完璧にとらえた。

 痛烈なライナー打球は、失速することなくそのまま右中間スタンド最前列席に着弾。これで3試合連続の打点だが、公式戦14打席目で放った待望のアーチに「真芯でしっかりとらえられました。ただ感触は良かったのですが、弾道が低かったので“どうかな?”と思ったのですが、入ってくれて良かったです!」と満面の笑みを浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月2日のニュース