ADEKA・伏見選手が宣誓 OFBL春季リーグ開幕

[ 2017年4月2日 05:30 ]

OFBL開会式で選手宣誓を行うADEKAの伏見尚登選手
Photo By スポニチ

 45歳以上の経済人による軟式野球のOFBL(オーバー・フォーティー・ベースボール・リーグ)2017年春季リーグ戦(スポニチ後援)が1日、東京都大田区の東京ガス大森グラウンドなどで開幕した。

 開会式では加盟12チームの選手が一堂に会した。今季当番会社・JXTGエネルギーの田口聡オーナー(61)が「リーグも129シーズン目を迎え、プロ野球も昨日開幕しました。多くの方々のパワーにあやかりながら熱戦を繰り広げ、明るく楽しく優勝を目指して頑張ってほしいと思います」とあいさつした。選手宣誓では、次の当番会社・ADEKAの伏見尚登選手(61)が「日頃鍛えた体と高校球児にも負けない熱い心を持って、楽しく技を競い合い、全力で戦うことを誓います」と力強く宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月2日のニュース