楽天 古川 プロ初先発白星ならず「初球の入り方が悪かった」

[ 2017年4月2日 15:13 ]

パ・リーグ   楽天―オリックス ( 2017年4月2日    京セラD )

2回無死二塁、楽天・古川(左)にマウンドで声をかける嶋
Photo By スポニチ

 オリックス戦(京セラドーム)でプロ初先発した楽天の4年目・古川だったが、3回1/3を4安打4失点で降板。初勝利は手にできなかった。

 2回に伊藤の適時打などで先制の2点を献上。4回にはT―岡田に一発を浴び、さらに1死二塁としたところでマウンドを降りた。「緊張感はなく、負担通りに入って行けた。それなりに強いボールが投げられた」と古川。それでも「初球の入り方が悪かった。高めにうわずってしまい、苦しくなる場面が多かった。ストライク先行で攻めていくのが今後の課題」と振り返った。

 開幕投手だった岸がインフルエンザ、安楽が右大腿裏痛で離脱したことで巡ってきたチャンスだったが、結果を残すことはできなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月2日のニュース