ハム増井、現状維持2・2億円 「もう一度、抑えで」栗山監督に直訴へ

[ 2016年12月2日 12:06 ]

札幌市内の球団事務所で契約を更改した日本ハム・増井
Photo By スポニチ

 日本ハムの増井浩俊投手(32)が2日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2年契約の2年目となる来季も現状維持となる2億2000万円でサインした。今季も開幕から抑えを任されたが、防御率6点台の不振で6月下旬に2軍落ち。それでも先発転向後は8月中旬からシーズン終了の9月末までに7戦7勝でソフトバンクとの最大11・5ゲーム差を逆転してのリーグ優勝に大きく貢献した。

 11月の侍ジャパン強化試合にも出場。来年3月のWBCでも先発、中継ぎ、抑えをこなせる「ユーティリティー投手」として期待は大きいが、来季のチームでのポジションについては「もう一度、抑えをやりたい。今年も先発していても、最後のマウンドにいない悔しさがずっとあった。栗山監督とも早めに話したいです」と希望した。(金額は推定)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年12月2日のニュース