DeNA 野川、現状維持800万円 プロ初登板も故障に泣く「悔しかった」

[ 2016年12月2日 10:44 ]

 DeNAの野川拓斗投手(25)が2日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の800万円でサインした。

 プロ1年目の今季は4月16日のヤクルト戦(松山)で3番手でプロ初登板。だがその後は故障が相次ぎ、1軍では6試合0勝0敗、防御率2・57に終わり「8、9月という大事な時期に投げることができず悔しかった」。来季に向けては「ケガせず、長い間1軍の戦力になりたいと思う」と意気込んだ。(金額は推定)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年12月2日のニュース