西武・熊代は200万円減 来季の飛躍誓う「粉骨砕身、泥臭くがむしゃらに」

[ 2016年12月2日 11:45 ]

 西武・熊代聖人外野手(27)が2日、西武プリンスドームで契約更改交渉に臨み、 200万円ダウンの1300万円でサインした。

 6年目の今季は自己ワーストとなる28試合の出場にとどまり「入団して一番悪かった。結果を残してなんぼの世界。一番悔しいシーズンになった」と振り返った。

 明るい性格で、チームのムードメーカーだが、年俸ダウンに「子供が2人いるのに…。くそ~。来年は粉骨砕身、泥臭くがむしゃらにやる。笑い抜きで本気でやります!」と愛する家族のために飛躍を誓っていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年12月2日のニュース