西武・大崎は450万円減 無安打に悔しさにじませ「結果が出せなかった」

[ 2016年12月2日 13:57 ]

 西武・大崎雄太朗外野手(32)が2日、西武プリンスドームで契約更改交渉に臨み、450万円ダウンの1850万円でサインした。

 10年目の今季はプロ入り後最少となる4試合の出場にとどまり、自身初の無安打でシーズンを終えた。「約20%ダウンです。少ないチャンスをものにできなかった。結果が出せなかったことに尽きます」と悔しさをにじませていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年12月2日のニュース