ソフトB吉村「スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞」年間大賞

[ 2016年12月2日 05:30 ]

フォトセッションでポーズをとるソフトバンク・吉村(左)と広島・鈴木
Photo By スポニチ

 シーズンで最も印象に残るサヨナラ打を放った選手に贈られる「スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞」年間大賞に1日、ソフトバンク・吉村裕基外野手(32)と広島・鈴木誠也外野手(22)が選出され、都内で表彰式が行われた。

 4月17日楽天戦(ヤフオクドーム)で7―7の延長12回に2打席連発となるサヨナラ2ランを放った吉村は「4月14日に熊本で地震が起きた直後だったので、被災された方を少しでも勇気づけられたのならうれしい」と振り返った。今季の先発出場は46試合にとどまったが「開幕からスタメンで出る気持ちでいきたい」と控えから「サヨナラ」することを誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年12月2日のニュース