ヤク館山、現状維持1・2億円「不甲斐ない。海外FA権に守られた」

[ 2016年12月2日 12:53 ]

現状維持で契約を更改したヤクルト・館山
Photo By スポニチ

 ヤクルトの館山昌平投手(35)が都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸1億2000万円でサインした。昨オフ、年俸変動制の3年契約を結んでおり来季がその2年目となるが「昨年取得したFA権(海外)に守られての現状維持です。不甲斐ない成績ではあった」と自ら話した。

 プロ14年目の今季は4月に右肘関節遊離体摘出とクリーニングの手術を受け、10試合の登板でわずか1勝。防御率は7・24と不本意なシーズンとなったが「登録抹消もあり、自分を見つめ直すいい機会にもなった」と振り返った。

 来季に向けて「開幕からローテーションを勝ち取ること。ここ何年も一年間働けていないので」とフル回転を誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年12月2日のニュース