ロッテ・岡田、380万円増でサイン “なにくそ魂”で「センターは渡さない」

[ 2016年12月2日 12:54 ]

契約更改を行ったロッテ岡田
Photo By スポニチ

 ロッテの岡田幸文外野手(32)が2日、ZOZOマリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、380万円増の4180万円でサインした。

 今季は121試合で打率.275、14盗塁をマーク。「“今年は頑張ってくれた”と言ってもらった。去年成績振るわず、年俸も下がって、“なにくそ魂”でやるしかないと思っていた。まだまだいける。とにかく今年以上の成績を出したい。143試合センターのポジションは渡さない」と話した。

 2年間務めた選手会長も来季は角中に交代する。「ファンサービスのことを考えて、自分の考え方が変わった。お客さんも増えたし、うれしかった」と満足そうだった。

 林信平球団本部長は「今年はだいぶ(数字が)回復した。ただ、レギュラーと言えるかどうか。し烈な争いを勝ち取ってほしい」と話していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年12月2日のニュース