ヤマハ30大会ぶり4強!巨人ドラ4池田駿が粘投

[ 2016年11月7日 05:30 ]

日本選手権準々決勝 ( 2016年11月6日    京セラD )

力投するヤマハ先発の池田駿

 ヤマハは9回に4点を返されたが、初回の5得点が効いて、1点差での逃げ切りとなった。 組み合わせ  日程と結果

 巨人から4位指名を受けた先発・池田駿が粘った。9回先頭から2連続二塁打を浴びて降板したが、8回までは散発2安打に抑える好投で、チームを30大会ぶりのベスト4に導いた。「きょうはバランス良くコーナーに投げられた。リリーフの九谷さんが3連投しているので、明日は自分がリリーフして、決勝で先発するつもり」とフル回転を宣言した。

 ▼JR西日本・花本輝雄監督 最後の最後まで諦めずにやってくれましたが、結果的に初回の5点が重かった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年11月7日のニュース