阪神・望月、現状維持500万円で一発サイン「来年も先発で」

[ 2016年11月7日 11:49 ]

 阪神の望月惇志投手(19)が7日、高知県安芸郡芸西村内のチーム宿舎で自身初となる契約更改交渉に臨み、現状維持の推定年俸500万円で一発サインした。

 今季はシーズン最終戦、10月1日の巨人戦(甲子園)でデビュー登板を果たし、来季はさらなる飛躍が期待される注目右腕。2年目のシーズンにに向けて、「ファームでも先発をさせてもらっているし、来年も先発で。イニング数の目標はあんまりないけど、1つずつ課題を消化しながらやっていきたい」と、抱負を語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年11月7日のニュース