大田 初フリー打撃で柵越え2本「結果を出すことが目標」

[ 2016年11月7日 05:30 ]

日本ハムの練習に合流し、三塁でノックを受ける大田。後方は大累

 巨人からトレードで加入した大田と公文が、千葉・鎌ケ谷での秋季練習に初合流した。

 栗山監督から「4番候補」と期待される大田は、フリー打撃で50スイングして柵越え2本を放つと、三塁でノックを受けた。

 全体練習時間が短く、自主性を重んじる新天地での初日を終え「質を求めてやっていると感じた。(自分も)質を求め、意識高くしっかりやっていきたい」と意欲も新た。今季は62試合で打率・202、4本塁打と不振。バットの芯に当てる確率を高めるため、センター返しを意識して打撃練習に励む大砲は「外野のポジションを獲り、結果を出すことが目標」と力を込めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年11月7日のニュース