陽岱鋼 7日にもFA表明 日本ハムとの会談後に会見へ

[ 2016年11月7日 05:30 ]

札幌市内で報道陣の取材に応じる日本ハム・陽岱鋼(右)

 日本ハムの陽岱鋼外野手(29)が、保有するフリーエージェント(FA)権について、7日に球団と会談を行う。

 日本シリーズ終了翌日の10月30日には「整理できていないところもある。ゆっくり考えたい」と話していたが、会談後に設定されている会見で権利行使を表明する見込みだ。

 台湾生まれで福岡第一から05年高校生ドラフト1巡目で日本ハムに入団。プロ11年目の今季も走攻守で存在感を見せ、4年ぶりのリーグ優勝に貢献した。この日は札幌市内の練習場で自主トレを行い、帰り際に報道陣に対応。「明日(7日)、球団と交渉してみてです。会見で話します」と多くを語らなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年11月7日のニュース