専大がサヨナラ勝ち、連勝で1部残留決定 東都大学入れ替え戦

[ 2016年11月7日 19:06 ]

 東都大学野球リーグの1、2部入れ替え戦第2日は7日、神宮球場で2回戦が行われ、専大(1部6位)が国士舘大(2部1位)に1―0でサヨナラ勝ちし、2連勝で残留を決めた。

 9回に3四球で1死満塁とし、伊与田がサヨナラの右前打を放った。堀田は4安打で完封した。国士舘大は9回に武内が乱れ、ピンチで登板した椎野が痛打を浴びた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年11月7日のニュース