東大 来年度の主将に山田、宮台はエース兼副将

[ 2016年11月7日 05:30 ]

  東京六大学野球の東大は来年度の新役員を発表した。主将に山田大成(桐朋)、副将に宮台康平(湘南)、楠田創(桐朋)、主務は黒田陸離(西大和学園)が務める。今春はシーズン2勝を挙げ、大学日本代表入りを果たした左腕・宮台は左肩違和感の影響で今秋1試合登板にとどまった。「来春がすべて。しっかり投げたい」と話し、復調を目指して学生ラストイヤーはエース兼副将としてチームをけん引する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年11月7日のニュース