阪神ドラ1大山の入団決定、決意語る「泥くさく一球一球食らい付く」

[ 2016年11月7日 18:46 ]

阪神入団が決まり、バットを握りポースをとる、ドラフト1位の白鴎大の大山悠輔内野手

 阪神がドラフト1位指名した白鴎大の大山悠輔内野手(21)=1メートル81、85キロ、右投げ右打ち=の入団が7日、決まった。栃木県小山市内のホテルで交渉し、契約金1億円プラス出来高払い5千万円、年俸1500万円で合意。記者会見した大山は「格好をつけるプレーではなく、泥くさく、一球一球に食らい付くプレーを見てもらいたい」と決意を語った。

 金本監督も長打力に期待を寄せるスラッガー。茨城・つくば秀英高時代には春、夏とも甲子園大会の出場経験はなく「これから甲子園で野球ができるのはうれしい。喜びを感じてプレーしたい」と意気込んだ。(金額は推定)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年11月7日のニュース