中田 役割も全う覚悟!バントもやる「指を挟んででも」

[ 2016年11月7日 05:30 ]

侍ジャパン合宿 ( 2016年11月6日    QVC )

打撃ケージ裏で中田に話しかける小久保監督

 侍ジャパンの中田はチームのためにどんな役割も全うする。

 昨秋「プレミア12」では打点王に輝いたが「4番を打てる実力はない。チャンスメークだったり(バントで)送ったり、そういうことができるように準備したい」とキッパリ。高校通算87本塁打した大阪桐蔭時代は「(バントの)サインが出ても無視して打っていた」と笑いながら「サインが出たらしっかりやらないといけない。指を挟んででも前に転がしたい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年11月7日のニュース