DeNA 熊原は1300万円でサイン、嶺井は200万円ダウン

[ 2016年11月2日 21:11 ]

 DeNAの熊原が2日、契約更改交渉に臨み、100万円増の年俸1300万円でサインした。仙台大からドラフト2位で入団した今季は5月3日にプロ初登板。3試合に先発するなど18試合に登板して1勝1敗、防御率4・97だった。「来季は先発でやりたい」と話した。

 同じく新人の柴田は現状維持の1千万円、3年目の嶺井は200万円減の1300万円、飛雄馬は150万円減の900万円で契約を更改した。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月2日のニュース