レアード「来季は50発」 愛犬気遣い鉄道で東京へ移動

[ 2016年11月2日 06:54 ]

出発直前まで「寿司ポーズ」で応えるレアード

 日本シリーズでMVPを獲得したレアードが米国帰国の途に就いた。「全て達成できて最高の年だった。来季は50本塁打を打ちたい。2年連続本塁打王を狙う」。

 狙うはパ・リーグ外国人では03年ローズ(近鉄)とカブレラ(西武)以来の大台到達だ。旅程は気圧の変化に弱いフレンチブルドッグのリビィ(3)を気遣い、新千歳発の国内線を避けて鉄道を乗り継ぎ東京へ。羽田空港からロサンゼルス経由で自宅のあるアリゾナ州へ向かった。「自宅には大きな庭があるので走り回ってもらう。たくさんおもちゃを用意している」と愛犬家の素顔をのぞかせていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月2日のニュース